アマゾンが「お茶の間」制覇に乗り出した

Fire TV発売で、リビングルームへ本格進出

 本連載は、GAFAに関するトピックをひとつないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はアマゾン。米国時間4月2日に、アマゾンはニューヨークでプレス向けイベントを開催し、テレビに接続するセットトップボックスFire TVを発表した。
99ドルという低価格で、Fire TVを売り出したアマゾン。キンドル以来の大型商品だ(写真:ロイター/アフロ)

Fire TVとは?

アマゾンは書籍のECサイトとしてスタートした。その後販売するものをCD、DVDなどのメディアや電気製品、ファッション、そして赤ちゃん向け用品などへと広げて、オンラインデパートの最高峰に位置している。アマゾンの決済サービスは、Kickstarterなどのほかのサイトからも利用できるよう解放するなど、ビジネスのプラットホームとしても有望だ。

また電子書籍デバイスと書籍販売のKindleを立ち上げ、iTunes Storeとともにコンテンツの電子的な配信へと時代を大きくシフトさせた。現在のキンドルファイアシリーズは、アンドロイドベースのタブレットとして、大きなシェアを確保するに至っている。コンテンツをネットを経由してモバイル端末で楽しむ、そんなエコシステムを作り上げた。

アマゾンのストリーミングサービスだけでなく、ネットフリックスやHuluのサービスも使用することができる

次は何か? そこで打ち出したのが、リビングルームのテレビに接続するセットトップボックス、Fire TVだ。

Fire TVは販売価格99ドルで、テレビに接続するデバイスだ。HDMI端子をテレビに接続し、Wi-Fi接続を行いさえすれば、すぐに使い始めることができる。

Kindle Fireシリーズのようにアンドロイドをベースに動作し、アマゾンが提供するストリーミングビデオサービス「Instant Video」だけでなく、ネットフリックスやHulu Plusといったストリーミングサービス、MLB、NBA、ESPNなどのスポーツチャンネル、ブルームバーグなどの経済やニュースチャンネルのコンテンツも見ることができる仕組みだ。

次ページApple TVにはない強み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。