グッズ売り切れ続出、大化けした妖怪ウォッチ

ゲーム会社が仕掛けた緻密な戦略とは

子供たちを魅了する妖怪ウォッチとはどんな内容なのか。ストーリーは、小学5年生の主人公ケータ(天野景太)が妖怪のウィスパーと出会うところから始まる。ウィスパーから妖怪ウォッチを渡されたケータは、街の至る所で妖怪が見えるようになり、妖怪ウォッチを使って悪い妖怪を倒す。さらにその妖怪を友達にしていく。

画像を拡大
レベルファイブの日野晃博社長(撮影:尾形文繁)

仕掛け人は、ゲームソフト会社レベルファイブの日野晃博社長。人気ソフト『レイトン教授』シリーズなどを手掛け、業界内では名の知れた存在だ。妖怪ウォッチは、ゲーム会社発のコンテンツであることから、「第2のポケモン」との呼び声もある。

こうした成功の要因について、ゲーム業界に詳しい岡三証券の森田正司アナリストは「ゲームソフトを軸にクロスメディア展開しており、その考え方がぶれていない」と話す。クロスメディア展開とは、一つのコンテンツをゲーム、テレビ、雑誌、音楽、グッズなど、多くのメディアへ横展開する手法だ。妖怪ウォッチは、11年10月に企画を発表した時からクロスメディア展開を前提にしていた。

蓄積されたノウハウを活用

実は、レベルファイブにとって、こうした取り組みは3回目だ。最初に手掛けたのは、08年8月にニンテンドーDS向けに発売した『イナズマイレブン』だった。サッカーをテーマにしたストーリーで、ソフト発売の2カ月後にアニメの放映を開始。11年6月には第2弾でロボットが主役のプレイステーション・ポータブル向けソフト『ダンボール戦機』を発売し、その3カ月前にアニメを放映した。両コンテンツともに、グッズ販売やコロコロコミック連載などの実績がある。

ゲーム発売と前後して、アニメ放映を開始。それに合わせて、マンガの連載やグッズの販売などを行うというノウハウは、今回の妖怪ウォッチでも存分に発揮された。

もちろん、クロスメディア展開だけでヒットしたわけではない。日野社長が最も重視したのは、妖怪ウォッチの世界観だ。

次ページ目指したのは「現代のドラえもん」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT