リニア、「時速600キロで営業運転」の可能性

世界記録更新の先に何を狙うのか

4月21日午前10時48分。リニアが最高時速603キロメートルに到達した

前日から降り続いた激しい雨は、朝になってようやく上がった。雲が低く垂れ込めた山あいに、楕円形のアーチ橋が架けられている。JR東海が開発を進めている超電導リニアの実験線だ。

4月21日、リニアが世界最速となる時速600キロメートル運転に挑戦した。10時27分。7両編成の車両に技術者たちが乗り込むと、大阪方面へゆっくりと動き出した。大阪側の終着点から東京方面へ折り返すと、いよいよ世界記録への挑戦だ。

モニター上の速度表示はどんどん上がっていき、10時48分、リニアは最高時速603キロメートルに到達した。時速600キロメートル台で走っていた時間は10.8秒。距離にして1.8キロメートルだった。

なぜ営業時より速いスピードを出すのか

リニア中央新幹線は時速500キロメートルで営業運転を行うため、設計上の最高時速は550キロメートルとされている。だが、現実には2003年に試験車両が最高時速581キロメートルを記録し、ギネスブックにも認定された。

2013年からは、これまでの試験車両に代わって営業仕様の新型車両L0系が投入され、4月16日には最高時速590キロメートルを記録。世界最速を更新している。

なぜ営業速度から時速100キロメートルも速いスピードを出す実験を行うのか。「高速域のデータを収集して設計余裕度を確認するため」と、JR東海でリニア開発を指揮する、山梨実験センターの遠藤泰和所長が解説してくれた。スピードの余裕度を知ることで、コストダウンや仕様向上の可能性を探るのだ。

次ページ実は、ほかにも狙いがある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。