リニア、「時速600キロで営業運転」の可能性

世界記録更新の先に何を狙うのか

4月21日午前10時48分。リニアが最高時速603キロメートルに到達した

前日から降り続いた激しい雨は、朝になってようやく上がった。雲が低く垂れ込めた山あいに、楕円形のアーチ橋が架けられている。JR東海が開発を進めている超電導リニアの実験線だ。

4月21日、リニアが世界最速となる時速600キロメートル運転に挑戦した。10時27分。7両編成の車両に技術者たちが乗り込むと、大阪方面へゆっくりと動き出した。大阪側の終着点から東京方面へ折り返すと、いよいよ世界記録への挑戦だ。

モニター上の速度表示はどんどん上がっていき、10時48分、リニアは最高時速603キロメートルに到達した。時速600キロメートル台で走っていた時間は10.8秒。距離にして1.8キロメートルだった。

なぜ営業時より速いスピードを出すのか

リニア中央新幹線は時速500キロメートルで営業運転を行うため、設計上の最高時速は550キロメートルとされている。だが、現実には2003年に試験車両が最高時速581キロメートルを記録し、ギネスブックにも認定された。

2013年からは、これまでの試験車両に代わって営業仕様の新型車両L0系が投入され、4月16日には最高時速590キロメートルを記録。世界最速を更新している。

なぜ営業速度から時速100キロメートルも速いスピードを出す実験を行うのか。「高速域のデータを収集して設計余裕度を確認するため」と、JR東海でリニア開発を指揮する、山梨実験センターの遠藤泰和所長が解説してくれた。スピードの余裕度を知ることで、コストダウンや仕様向上の可能性を探るのだ。

次ページ実は、ほかにも狙いがある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT