リニア、「時速600キロで営業運転」の可能性

世界記録更新の先に何を狙うのか

曇り空の下、最高速度を更新したリニア試験車両

時速600キロメートルを達成した今、次の関心事はさらなるスピードの追求はあるのか、そして、営業運転を時速600キロメートルで行う可能性はあるのか、という点に移る。

前者については、速度向上試験はいったん終了し、今後は営業運転に向けた課題の洗い出しなどの試験が重ねるという。後者についても、時速500キロメートルでの営業運転に変更はない。

だが、新幹線の歴史を見ていけば、東海道新幹線は1964年の開業時には時速210キロメートルにすぎなかったが、少しずつスピードアップしていき、現在は時速285キロメートルで運転している。東北新幹線は時速320キロメートルで運転している。

これに倣えば、2027年の開業時にリニアの速度が時速500キロメートルだとしても、少しずつ改善を重ねて、いずれは時速600キロメートルで営業走行する可能性は十分にある。その場合、所要時間40分と想定されている品川―名古屋間は7分短縮し、33分で結ばれることになる。

速度記録の影でもう1つの偉業

速度の世界記録更新の影に隠れる形となったが、4月14日にはリニア試験車両の1日当たりの走行距離が4064キロメートルを達成した。1車両の1日当たり走行距離が短いと、車両をたくさん用意する必要があり、コスト増につながってしまう。

新幹線の1日当たりの走行距離は2000キロメートル程度。つまり、新幹線の2倍の走行距離を達成したことになる。JR東海の社員の中には「スピードの世界記録達成と同じくらい、走行距離を達成したことも重要だ」と言う人もいる。

3月13日には、全長25キロメートルの南アルプストンネルの建設工事契約手続きが公表された。見積書の提出期限は8月12日で、今秋にも正式発注されるとみられる。工期は2025年10月末まで。完成すればリニア開業が目前に迫る。

2027年の開業に向けて、リニア事業は少しずつ動き始めている。とはいえ、トンネル工事に伴う大量の残土処分、水資源への影響など環境への対策はこれからだ。残された時間は決して長くない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。