なぜ北陸新幹線は全席コンセント付きなのか

「W7系」公開で明らかになった数々の"深イイ話"

報道陣に公開された「W7系」車両(撮影:今井康一)

最高時速320キロメートルを誇る東北新幹線「E5系」を筆頭に、これまでの新幹線開発は高速化に主眼が置かれていた。だが、その流れに変化が生じている。

2015年春に開業予定の北陸新幹線車両「E7系」。最高時速は260キロメートル。北陸や九州のような整備新幹線区間は最高時速260キロメートルを前提として建設されているため、同区間を走る車両は性能的にも時速300キロ運転を必要としない。一方で、高速化を追求しない代わりに、デザイン性や車内の快適性の満足度を追求している。

この新型新幹線車両は、JR東日本とJR西日本が共同で開発。川崎重工業、日立製作所、近畿車輌、およびJR東傘下の総合車両製作所が製造を担当している。

JR東が保有する車両は「E7系」、JR西が保有する車両は「W7系」と呼ばれる。両者に性能やデザイン上の違いはほとんどない。せいぜい、「EAST」「WEST」といったロゴマークの違いくらいだ。

今年3月のダイヤ改正時から、JR東は東京―長野間でE7系の運行を開始している。続いて、JR西もW7系の第1号編成を完成させ、4月7日に川崎重工の兵庫工場で搬出作業を公開した。工場内での公開ということもあり、JR西と川重の車両設計担当者が会見。W7系開発の舞台裏が明らかになった。

なぜ名前が2つあるのか

そもそも、素朴な疑問がある。東海道新幹線「N700系」はJR東海とJR西がそれぞれ保有しているが、どちらの名前もN700系だ。なぜ北陸新幹線はJR東がE7系、JR西がW7系と所有会社によって名前を変えるのか。

次ページ答えは意外と単純
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。