「JR東日本アプリ」がなかなか面白い

スマホはどこまで情報端末になれる?

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

Tehuの言葉「『JR東日本アプリ』がなかなか面白い」

画面上で遅延証明書を出してくれる

「JR東日本アプリ」の特別サイト

先日、JR東日本が「JR東日本アプリ」の公開を発表しました。対応OSはiOSとAndroidで、公開予定日は3月10日です。

なんだ、最近流行している内容のない企業の情報アプリかと思いきや、プレスリリースと技術情報を見てみると、意外と本気度が高いように感じたので、ご紹介します。

まずは一般的な機能。駅の改札口で普通に見かけるようになった路線の遅延情報を表示したディスプレーが、スマートフォンでも閲覧可能に。首都圏以外の電車(東北・信越・在来線特急・新幹線)も、公式の遅延情報が閲覧できるようになりました。

駅の電光掲示板(発車標)の情報を確認できる機能もついており、乗り換え案内ではわからなかった編成の情報や到着ホームなども見ることができるようになりました(サービス開始段階では東京・品川・新宿・上野のみの提供)。画面上で遅延証明書を出してくれたりもするので、遅れたときに証明書をもらう列でさらに遅れるといったことはなくなるかもしれません。

次ページ自分が乗っている車両の情報がわかる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT