「JR東日本アプリ」がなかなか面白い

スマホはどこまで情報端末になれる?

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

Tehuの言葉「『JR東日本アプリ』がなかなか面白い」

画面上で遅延証明書を出してくれる

「JR東日本アプリ」の特別サイト

先日、JR東日本が「JR東日本アプリ」の公開を発表しました。対応OSはiOSとAndroidで、公開予定日は3月10日です。

なんだ、最近流行している内容のない企業の情報アプリかと思いきや、プレスリリースと技術情報を見てみると、意外と本気度が高いように感じたので、ご紹介します。

まずは一般的な機能。駅の改札口で普通に見かけるようになった路線の遅延情報を表示したディスプレーが、スマートフォンでも閲覧可能に。首都圏以外の電車(東北・信越・在来線特急・新幹線)も、公式の遅延情報が閲覧できるようになりました。

駅の電光掲示板(発車標)の情報を確認できる機能もついており、乗り換え案内ではわからなかった編成の情報や到着ホームなども見ることができるようになりました(サービス開始段階では東京・品川・新宿・上野のみの提供)。画面上で遅延証明書を出してくれたりもするので、遅れたときに証明書をもらう列でさらに遅れるといったことはなくなるかもしれません。

次ページ自分が乗っている車両の情報がわかる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。