スマホの次はクルマ、過熱するOSの覇権争い

アップルが「CarPlay」を発表

アップルは3月2日、車載情報システムとiPhoneとの連携をスムーズにするための新システム「CarPlay(カープレイ)」を発表した。iPhoneをCarPlayに対応した車につなぐと、声による指示で、電話をかける、地図を見る、音楽を再生する、といった機能が使えるようになる。

画像を拡大
中央に搭載されているのがSYNC(撮影:大澤 誠)

トヨタ自動車やゼネラルモーターズ(GM)など大手メーカーの大半が対応する予定。また、米国で最も利用者が多い車載情報システム「SYNC(シンク)」を展開するフォード・モーターもCarPlayの導入を発表している。

米国の車載情報システムは現在、SYNCとGMの「OnStar(オンスター)」が市場を二分。利用者はSYNCがおよそ700万人、OnStarが600万人に上る。

SYNCの基本ソフト(OS)はマイクロソフトのWindows(ウィンドウズ)だ。ただし、SYNCは車に搭載されたシステムであるのに対し、CarPlayは車とiPhoneを連携しやすくするためのシステム。マイクロソフトにとっては、CarPlayが登場しても、SYNCのOSの座をアップルに奪い取られるわけではないため、インパクトはさほど大きくない。本当の脅威は、フォードが車載情報システムの未来を見据えて、大きく動き始めたことだ。

OSの乗り換えを検討

フォードは最近になって、SYNCのOSをWindowsから変更することを検討している。その有力候補の一つが、ブラックベリーのQNX(キューエヌエックス)だ。QNXはGMのOnStarに採用されているOSで、米国内ではホンダのアキュラ、アウディ、BMW、ランドローバーなど多くのメーカーに採用されている。

マイクロソフトのWindowsは、フォード以外に日産自動車、BMW、フィアット、起亜自動車が使っているが、BMWはQNXにも参画。日産や起亜は昨年6月に開かれたアップルの開発者イベントでCarPlay(発表時の名称はiOS in the car)に対応することを明らかにしていた。フォードは数少ないWindows一筋の会社だった。

なぜOSを乗り換えようとしているのか。フォード関係者は「全体的なコストダウンにつながる」と話す。その一つがライセンス料。QNXはWindowsより安い。

ただ、業界内では別の問題を指摘する声もある。それは、SYNCがスマートフォンへうまく対応できていないことだ。

次ページ利用者から不満の声
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT