JR東海はなぜSKE48を"大使"にしたのか

アイドルと鉄道のコラボが相次いでいる

画像を拡大
「AMBITIOUS JAPAN!」のステッカーが貼られた新幹線車両(撮影:天田輔)

曲のタイトルはキャンペーン名と同じ「AMBITIOUS JAPAN!」とし、帯型ステッカーを貼った新幹線車両を走らせたり、同曲をアレンジしたものを車内メロディにするなどの試みを行った。

女性アイドルグループを起用しているのは、JR東海だけではない。東京モノレールは昨年4月、博多を拠点に活動するHKT48をPRキャラクターに起用した。「HKT48 モノレール派宣言」と題して、テレビCMや駅ポスター掲示などの展開を行っている。昨年4~5月には、メンバーの指原莉乃さんによる車内アナウンスも放送された。

東京モノレールによれば、「首都圏よりも、むしろ九州のお客様を意識した」という。「認知度を高めて、福岡空港の利用者が羽田空港に到着した際にモノレールを利用していただきたい」(同社)。テレビCMも九州で流すほうが多いという。CMでは自動車より速いことをアピールしているが、「モノレール派宣言」というフレーズからはライバルである京浜急行も意識しているに違いない。

EXILEが起用された意外な事情

男性アイドルグループも負けてはいない。JR西日本は大阪環状線のPRにダンス・ボーカルグループ・EXILEを3月から起用している。メンバー19人は出身地もさまざまで、特に大阪との関係性はなさそうだが、「大阪環状線の駅数も19。この偶然の一致からスタートして、所属事務所にコラボPRを持ち掛けたところ、ご快諾いただいた」(同社)。

3~4月に大阪環状線にラッピング列車を走らせたほか、19駅それぞれデザインの異なるポスターを掲示。19駅でしか買えない限定特典付きCDの販売も行った。

EXILEの人気は全国区である。日本中から大阪環状線に乗りにやってくるような動きはあるか。この質問に対して、JR西日本の真鍋精志社長は「そうなったらいいが、残念ながらそこまではいかない」と言う。

とはいえ、SKE48、HKT48、EXILEに限らず、人気アイドルのファンは全国にいる。ひとたびコンサートツアーが行われれば、長距離移動をものともせず各地の会場をハシゴするファンも少なくない。そのときには鉄道が利用手段の1つとなる。

人気アイドルを自社のPRに活用すれば、そのアイドルのファンが自社に親しみを感じてもらえる可能性が高まる。その先にどのような展開を見据えているのか。その1点に各社の戦略の巧拙が収斂されることになる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。