アイドル界の「生きた化石」、ももクロの奇跡

ファンは老若男女、古くて新しい「汗と工夫」

戦隊モノのメンバー構成がヒントに? (画像:SOTA OHARA/Imasia)
作家・思想家の東浩紀氏をして「現代アイドル論の決定版」と言わしめた注目の書。
 日本経済の動向とアイドルブームに、驚きの関係があることをご存じだろうか? 1980年代アイドルから現代アイドルまでを丹念に振り返れば、この国の今、そして未来までもが見えてくる。アイドルを知ることはもうほとんどデキるビジネスマンの、少なくとも、残念なビジネスマンにならないための必須条件なのである。
 この連載は、「そんなことは信じられない」「バカバカしい」「アイドルに興味などない」と思うあなたにこそ伝えたい基礎知識、あるいは、アイドルへの再入門のための連載である。

第1回目では、どうしてビジネスマンがアイドルを学ぶべきなのかを5つの理由から説明し、第2回では、AKB48のビジネスモデル、第3回では、モーニング娘。から、現代のグループアイドル戦略の由来と狙いに迫った。続く第4回では、ももいろクローバーZの奇跡的成功を分析する!

 

 前々回はAKB48前回はモーニング娘。を語ってきましたが、ようやく今回は、ももいろクローバーZ(ももクロ)の話をしたいと思います。まぁ、筆者自身が、今現在、彼女らのファンであると公言しているので、多少、主観的な表現が多いことはご了解ください。すいません。

それにしても、AKB48、モー娘。とももクロを並べてみると、いかにもももクロは特殊です。メンバーは現在5人だけ。2009年以降、5年もの間、1人も新たなメンバーは加わっていません。先日、道重さゆみが卒業したモー娘。も、譜久村聖リーダー体制の下、2014年12月現在で13人を数え、AKB48に至ってはチーム8とバイトAKBが加わっていることもあって、現時点で188人に上っています(AKBグループではなく、「AKB48」のみ、しかも、研究生などを含まない、公式HPに掲載されているメンバーのみでです)。

ですが、間違えてはいけません。これはAKB48やモー娘。のほうが特殊なのです。

次ページ「アイドル戦国時代」を勝ち上がった“オーソドックス”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。