放送終了、「テラスハウス」とは何だったのか

無性空間の異様さと個室を求める近代的性欲

海の見える家でのルームシェアとは?

「テラスハウス」、通称「テラハ」。10~20代の3人ずつの男女、計6人が海の見える一軒家でルームシェアをする、フジテレビのリアリティバラエティ番組だ。

その様子をスタジオでタレントが見守るというスタイルも含めて、「テラハ」はかつて人気を博した「あいのり」の後継番組と目された。2012年、「あいのり2」完結後に放送が開始され、今年に入ってからはニュースにも紹介されるほどの人気になって、ギャルモデル・今井華やモデルの筧美和子などの参加者が、番組をきっかけにブレークしている。

テラハにおいて重要なのは何といっても“家”

そんなわけで、この連載でも扱ってみようと随分前から準備を進めていたのに、つい最近(※原稿執筆時)になって9月での放送終了が発表されましたとさ。この原稿が載る頃には放送終了してます、ハイ。ヤラセだとか、セクハラだとか、視聴率低迷だとか、いろんな理由がささやかれているけれど、まぁここではそんなことを憶測していても仕方ないんで、別の角度からテラハを振り返ってみることにしたい。

じゃあ、何に注目するのか。トヨタが主要なスポンサーなだけに車が相当フィーチャーされているとはいえ、そもそもテラスハウスって言葉自体が低層集合住宅のこと、テラハにおいて重要なのは何といってもその家だ。ホームページでも図面が公開されているけれど、使われた二つの家はどちらも床面積300平方メートル以上、オーシャンビューのテラス付きという、貧乏な若者たちのルームシェアとはレベルの違うしつらえだ。

でも、彼らの家の特徴はそんなところにとどまらない。そもそもルームシェアと聞いて普通想像するのは、それぞれが個室を持って、ダイニングとかキッチンとか、トイレとか風呂とかは共用にするっていうスタイルだろう。けれど、テラハの家のデザインは男女それぞれ3人ずつが同部屋という仕組みを採っている。

もちろん、オシャレなデザイン建築だから見た目は全然違うけれど、配室だけで言うと合宿所とか寄宿舎みたいなイメージなのだ。しかもベッドにカーテンすらない。性的欲求のやり場はどこにあるのだろう。

次ページ近代的な性欲は個室を要求する?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。