スマホでここまでスゴイ鉄道写真が撮れる! まずは「駅撮り」の基本を押さえよう

印刷
A
A
時間に余裕があるなら、隣のホームから撮影をすると列車全体の雰囲気が写せる

隣のホームから撮ると、列車全体の雰囲気を写すことができます。発車まで時間に余裕があるときに試してみてください。隣のホームなど、少し離れたところから撮るときにポイントとなるのが、「ちょっとだけデジタルズーム」です。

広い範囲を写さず「ちょっとだけデジタルズーム」を

最近のスマホのレンズは、広角レンズ、つまり広い範囲が写るレンズを搭載する傾向があります。広角レンズは、記念写真や風景を撮るときは便利ですが、列車の撮影には適さない場合があります。

広い範囲が写り過ぎて、印象が散漫になってしまうのです。また、ホームや乗客など写したくないものが写り込むことが多く、ついホームギリギリに出てしまいがち。列車をきれいに写せる場所を探して、液晶画面を見つめたままホームの端をウロウロすると、とても危険です。必ず黄色い線の内側まで下がり、広い範囲が写り過ぎると思ったらデジタルズーム機能を使うようにしましょう。

iPhone5/ズームなし

iPhone5で、ズームを使わずに撮影した写真です。列車まで微妙に距離があり、ホーム全体の雰囲気を撮っているのか列車を撮っているのか曖昧です。余計な人物も写ってしまっています(画角はフルサイズ換算で33mm)。

iPhone5/ズームあり

同じくiPhone5で、ちょっとだけズームして撮った写真です。手前のホームをカットして、列車全体をきれいに撮れました。デジタルズームによる画質の劣化はまったくといっていいほど見られません。

デジタルズームは画像の一部を切り取って整えたもので、画質は若干悪くなりますが、ある程度までは人間の目にはほとんどわかりません。むしろ積極的に使ったほうが、自然な画角になり、構図のバランスがよくなります。機種によって異なりますが、だいたいスライダーバーの3分の1くらいのところがお勧め。フルサイズのカメラで標準域と呼ばれる画角です。

次ページリングストラップ活用、ライト付きでの撮影は「ご法度」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT