スマートウォッチが「先祖返り」し始めた事情

世界最大の家電見本市で見えた最新トレンド

サムスンがIFAで発表した「Gear S2」。円形ディスプレーの縁を回すことで、さまざまな操作が可能だ

スマートウォッチといえば、韓国サムスン電子の「Gear」シリーズ、米アップルの「Apple Watch」などのように、四角いディスプレーが一般的だった。だが、9月初旬にドイツのベルリンで行われた世界最大の家電見本市「IFA」では、これまでのトレンドに変化の兆しが見られた。

今回のIFAで目立ったのが、時計らしい円形のスマートウォッチを各社がこぞって発表していた点だ。

円形スマートウォッチの特徴とは

たとえば、サムスンが新しく発表した「Gear S2」は円形のディスプレーに革のバンドを備えており、遠目には通常の時計と変わらない。時計の外周にあるベゼル部分を回すことで上下のスクロールや画面の切り替えができる機能を追加し、四角形だった前作と比べて落ちた操作感を補っている。

画像を拡大
LGの最新スマートウォッチは一見すると高級腕時計のようだ

米グーグルのスマートウォッチ用OS、「Android Wear」を搭載した製品も多く見られた。

時計型スマートウォッチの草分け的存在であるモトローラ・モビリティ(中国レノボ傘下)の「Moto 360」も、2代目がお披露目された。男性用の大きさのバリエーションが2種類に増えたのが主な変更点だ。

ほかにも、韓国LGエレクトロニクスや中国ファーウェイが最新Android搭載の円形スマートウォッチを展示していた。

9月2日に行われたソニーのプレスカンファレンスでは、新型スマートウォッチ「wena wrist」を平井一夫社長が自ら着用してアピールしていた。スマートウォッチといっても、時計そのものは一般的アナログ時計。機能はバンドの部分に詰まっており、非接触ICカード技術「FeliCa」を使ったおサイフケータイやメールの通知、活動量計などの機能を、外見を損なうことなく搭載できた。

次ページ見た目は似てきたが、戦略は各社各様
人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。