ビジネス電波腕時計、10年で価格4倍のワケ

国内企業が見出した海外ブランドへの対抗策

左からセイコー「アストロン」、シチズン「アテッサ」、カシオ「オシアナス」

新年度を迎え、新品の腕時計を身に着けた新社会人の歩く姿が目立つ。

GfKJapanによると、国内ブランド腕時計の平均価格は、近年右肩上がりとなっている。国内主要メーカーが広告宣伝費を最も重点的にかける中高級モデルが、価格押し上げに貢献してきた。

海外のブランド腕時計といえば、技術はすでに成熟化しており、価格の根拠が不透明という印象がある。が、国内のビジネス腕時計は、この10年間、技術面で「世界初」を目指し各社がしのぎを削り、付加価値を向上させてきた。

フルメタル電波腕時計は2003年に登場

最初の契機が腕時計の電波時計化だ。電波時計は1993年に商品化されていたが、メタルケースが電波を反射してしまうため、腕時計には導入されていなかった。

その課題をクリアしたシチズン時計が2003年に世界初のフルメタル電波ソーラー腕時計「アテッサ」を発売。これを皮切りに、2004年にはセイコーウオッチが「ブライツ」、カシオ計算機が「オシアナス」ブランドで、電波腕時計を投入した。カシオのオシアナスは、電波ソーラー腕時計で世界初のクロノグラフ搭載モデルだった。セイコーも世界初の針位置自動修正機能を搭載した。

当初、電波腕時計は5万円程度だったが、それでも当時は各社の販売部門で「こんなに高い価格設定で本当に売れるのか」という危惧が出るほどの挑戦的な価格だった。だが、ふたを開けてみれば、売れ行きは絶好調。技術競争は激化していく。

次ページ技術進化は一時止まるが・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT