AppleWatchの半額以下で、あの会社が参入

機能は限定的だがカスタム化が可能

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

3月12日、大手腕時計メーカー「スウォッチ」のニック・ハイエクCEOは、夏にはこの新しい腕時計を発売すると発表した。この商品はすでに2月に発表しており、商品名は「The Swatch Touch Zero One」。 価格は135ドル(約1万6000円)で、AppleWatch(もっとも安いもので4万2800円)の半額以下だ。

誰にだってできることはやらない

発売のタイミングはAppleWatchと近いため、関心は「アップルを意識しているか」だ。しかし、ハイエクCEOは「腕につけるミニ携帯電話を製造するつもりはない。それはサムスン電子がすでにやった。ソニーもすでにやった。誰にだってできることはやらない」と語る。

ポイントになるのが決済機能だ。同社では、中国のクレジットカード決済機関である中国銀聯(ユニオンペイ)のほか、スイスの銀行やVISAのようなクレジットカード会社とも交渉しているという。

「何に使用するかはあなたがたが決めればいい。そうしたアプリを作成するため、クリエーターに対しては、自分の思い通りにプログラムできるようにしたいスウォッチを購入したあと、自分の思い通りのものにできるようにしたい」

腕時計の分野に新規参入するアップルによって、腕時計市場の一部は奪われるに違いない。そのためスウォッチにとっては危機的な状況といえる。これまでハイエクCEOはスマートウォッチ参入に否定的だったが、対抗することが不可欠と判断したようだ。

とはいえ、AppleWatchと比較すれば、機能の点では非常に単純。ありていにいえば、同じスマートウォッチといえども、とても比較できるような商品ではない。しかしながら、"この程度"のもののほうが、意外と多くのユーザーに受け入れられるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT