ビジネス電波腕時計、10年で価格4倍のワケ

国内企業が見出した海外ブランドへの対抗策

第2の波は世界対応だ。最初は日本だけだった電波の受信地域は米国、欧州各国へと徐々に増えていった。同時に、大きくて分厚かった本体を薄型・小型化。それに伴い価格も上昇していった。

価格上昇がいったん緩やかになったのは2008年ごろ。世界中で受信が可能になり、高付加価値化が一巡したためだ。

この時期の戦略は各社分かれる。シチズンは竜頭(りゅうず)で都市を合わせる「ダイレクトフライト」機能、カシオは秒針や分針を別々に動かして時刻を合わせる「スマートアクセス」機能で、それぞれ操作性を向上させた。セイコーは、2010年から売れ筋モデルを若年層向けの普及価格帯に変更。より広い層に販売する方針を取った。

GPS搭載で進化

そこに再び変動が起きたのが2012年だ。セイコーが他社に先駆けて発売したGPS搭載のソーラー腕時計が価格を大きく押し上げた。セイコーはこれを機に、GPS腕時計ブランドとして「アストロン」を新設。2014年に価格は20万円の大台に乗った。

セイコーに追随して、2014年にシチズンもGPSを搭載。カシオは同年、GPSに電波を組み合わせた世界初のモデルを投入した。

家電量販大手のビックカメラは、「購買層は機能を重視しており、機能がよければ高価格品も人気が出る。最近は20万円以上するGPS搭載モデルの売れ行きが好調だ」という。価格上昇の維持は各社の技術進化にかかっている。

「週刊東洋経済」2015年4月18日号<13日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT