値上げにも動じず?高級腕時計の底堅い人気

並行輸入品は2年で3割も価格上昇

アベノミクスの効果で数年ぶりの活況に沸いた高額消費。その代表格の一つが高級腕時計だ。百貨店はもちろん、正規販売店とは異なるルートで販売されている並行輸入品も売れに売れた。

並行輸入品とは海外で仕入れ、現地通貨と日本円の為替差を生かして正規販売店で扱うものより安値で販売している商品。数年前までは円高のメリットで、メーカーの希望小売価格から値引きをすることが少ない正規品より、大幅な安値で販売していた。

しかし、こうした強みは一時期に比べて薄らいでいる。2012年の年末から、並行輸入品の価格は軒並み上昇。昨年には正規品との価格差が大幅に縮小した。その後、オメガやロレックスなどスイス製の高級腕時計ブランドが軒並み正規品の値上げに踏み切り、価格差は再び広がったものの、ブランドによってはかつてのような割安感がなくなっている。

たとえば、ロレックスのスポーツタイプの機械式腕時計「サブマリーナデイト」は、12年2月には正規品が73万5000円のところ、並行輸入品は平均価格が56万5000円だった。それが14年3月には正規品の78万7500円に対して、並行輸入品は75万5000円と、差額は約3万円まで縮まった。

次ページ価格急上昇の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。