銅価格が急落、中国から広がる"赤い"不安

爆食の陰で浮かび上がる、もう1つの「影の銀行」

大量輸入された銅が上海など中国の倉庫に積み上がっている。行き先は工場とは限らない(写真:Getty Images)

3月中旬、世界中が銅市況の急落にギョッとなった。指標となるLME(ロンドン金属取引所)で一時、1トン当たり6300ドル台と4年ぶりの安値をつけた。2011年の高値である1万ドルからは4割近い暴落である。

震源は中国だ。LMEの指定倉庫の銅在庫はこの半年で半減した。その大半が中国に持ち込まれたとみられる。ところが、中国の2月の輸出額は前年比18%の減少。つまり生産は停滞しており、原料の銅はダブついている。となれば、市況下落も当然だ。

が、疑問が湧いてくる。生産に回っていないなら、大量に中国に持ち込まれた銅はどこへ消えたのか。「金融取引」に使われているのである。

仕組みはザッとこんな具合だ。中国の業者が外資系銀行にLC(信用状)を発行してもらい銅を輸入。輸入と同時に国内で売却して換金し、高利で転貸したり、「理財商品」や香港などのオフショア銀行で運用。カラオケ店などへ投資するケースもある。いわゆる「影の銀行」そのものだ。

そこに3月7日、ソーラー企業の上海超日太陽能科技が中国で初めてデフォルト(債務不履行)する事件が起きた。あえてデフォルト“させた”のは、当局が金融引き締めへの強い意志を表明したもの。ならば、銅の「影の銀行」も無事では済まない。恐怖した投機筋やファンドが慌てて銅の買いポジションを手仕舞いし、売りに転じた──。

3月中旬の市況急落は実体的な需給関係より、こちらのインパクトのほうが大きい。

次ページ先行きはいかに?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT