中国の宴会は、戦いの場だ 

宴会を制する者、中国ビジネスを制す① 

前回は中国の食にまつわる話で好評を博した(「中国人は、なぜ食い散らかすのか」はこちら)が、今回から数回は、中国ビジネスの重要な構成要素である「宴会関連の話」について触れていきたい。

宴会マネジメントが上手なら、社長にだってなれる

日本人の間でも、宴会の仕切りなどを任せると、「仕事のできる・できない」人が瞬時にわかるというのは、誰しも納得のいくところだろう。ただ、日本人にとっての宴会とは、社内でも社外でも、単なる「儀礼」にすぎないと思う人も多いようだ。だが、中国人と一緒に宴会を囲む場合は、心してかかるべきだ。

中国の超高級食材である「鳥の巣」。「ぜいたく禁止令」が出ている中では使いにくい(ロイター/アフロ)

まず、相手がどのような注文をするのかで、ビジネスマンとしての「軽重を問われる」と知るべきだ。中国人にとっては宴会の内容いかんで、双方がどの程度に尊重されているのかを理解する「物差し」になるからだ。中国では形式ばった宴会もあるし、付き合いの長い仲間うちの宴会も当然ある。そのときの交渉内容や相手のメンバーなどによってもまちまちだが、中国人と一緒に宴会の席を囲む場合にはビジネスの距離感を理解したうえで、臨まなければならない。

次ページ宴会上手は、商売上手だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT