中国の宴会は、戦いの場だ 

宴会を制する者、中国ビジネスを制す① 

前回は中国の食にまつわる話で好評を博した(「中国人は、なぜ食い散らかすのか」はこちら)が、今回から数回は、中国ビジネスの重要な構成要素である「宴会関連の話」について触れていきたい。

宴会マネジメントが上手なら、社長にだってなれる

日本人の間でも、宴会の仕切りなどを任せると、「仕事のできる・できない」人が瞬時にわかるというのは、誰しも納得のいくところだろう。ただ、日本人にとっての宴会とは、社内でも社外でも、単なる「儀礼」にすぎないと思う人も多いようだ。だが、中国人と一緒に宴会を囲む場合は、心してかかるべきだ。

中国の超高級食材である「鳥の巣」。「ぜいたく禁止令」が出ている中では使いにくい(ロイター/アフロ)

まず、相手がどのような注文をするのかで、ビジネスマンとしての「軽重を問われる」と知るべきだ。中国人にとっては宴会の内容いかんで、双方がどの程度に尊重されているのかを理解する「物差し」になるからだ。中国では形式ばった宴会もあるし、付き合いの長い仲間うちの宴会も当然ある。そのときの交渉内容や相手のメンバーなどによってもまちまちだが、中国人と一緒に宴会の席を囲む場合にはビジネスの距離感を理解したうえで、臨まなければならない。

次ページ宴会上手は、商売上手だ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。