中国のトイレは、なぜ汚いのか

トイレを見れば、その国のレベルがわかる

中国の公衆トイレにも、高級化の波が訪れているというが…(Photoshot/アフロ)

中国人エリートが日本の文化や伝統や習慣が大好きなことは、このコラムで、すでに報告した。また、そのことが、実は中国人が嫌悪する「自分たちの未成熟さ」の裏返しに他ならない、との見方がある、とも指摘させていただいた。

さて、今回は別角度から深掘りして、下ネタで中国を分析してみたい。下ネタといっても、下品な話をするわけではない。「トイレの話」で中国人と日本人とを比較してみたい。ただ、今回は、できるだけ、食事のとき以外にお読みになることをオススメしたい。

トイレをみれば、中国がわかる

「中国のトイレはどこに行っても汚い」と信じられている。おまけに田舎に行くとトイレには間仕切りがない。いわば「キジ撃ち」の姿が丸見えだから、初めて中国にやって来た気の弱い日本人は、トイレに入る勇気さえないようだ。

近年、2008年の北京オリンピックや、2010年の上海万博を機に、中国政府は公共施設に予算をかけて綺麗にした。だが、残念ながら、しばらくするとまた汚くなってくる。彼らはメンテナンスが下手である。こまめに掃除するように注意しても、長続きしないようだ。「公徳心がないから、社会や他人を気遣う余裕がないのだ」という人が結構いる。

次ページトイレ論は、奥が深い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。