中国のトイレは、なぜ汚いのか

トイレを見れば、その国のレベルがわかる

また、掃除の仕方にも中国式があるらしい。モップで床を拭く時に、ゴミを除かずモップをこすりつけるから、逆に汚れが拡散してしまう。

実は、昔は社会主義国家に行くと、どこの空港も同じ臭いがした。社会主義国家は、塩素系の同じ消毒薬を使うから、行くと、「懐かしい社会主義国家の臭い」がしたものだ。いったん規格が決定すると、社会主義というものは、改善しにくいシステムなのか、なぜか社会インフラは、改善が進みにくいように見える。

いや、単にインフラ整備の問題ではあるまい。トイレをきれいに使い、維持するには、経済面だけでなく、「一定の文化的な意識」が必要なのかもしれない。

国民全体の意識の底上げが達成しない限り、トイレはきれいにはならないと思うが、言い過ぎだろうか?(日本の公衆トイレも昔は汚かった)

中国人の公衆道徳、または公徳心が充分でないという話は、世界的に有名で、外国人からもよく聞かされる。公衆の面前で痰を吐いたり、大きな声で喋るとか、待っている列に平気で割り込むとか、ゴミを散らかしても掃除しないなどである。

そんな中でも、特に「中国のトイレは汚い」という話は、中国に行ったことのある外国人からよく聞く風評だ。いまや上海も北京も、主要都市は驚くばかりの繁栄ぶりで、一流ホテルなどのトイレは、基本的には問題ない。ところが発展した大都市でも、一歩中に入ればやはり、トイレの水準はお世辞にもきれいとはいえないのだ。

その理由は、単に中国が発展途上国で成熟社会ではないから、なのだろうか。一方、日本人は異常なほどきれい好きである。ウォシュレットやアクアクリーン、消臭センサーなどの新製品が目白押しで、間違いなく世界一の清潔感あふれる社会になった。

だからこそ、東洋の同胞として、中国の汚さが気になるのだ。残念ながら、日本に旅行に来る中国人も「困ったちゃん」が少なくない。私は京都人なので、旅館関係者の知人も多いのだが、ウォシュレットの使い方がわからない中国人が多い。

次ページ実は、自宅のトイレはとてもきれいになっている!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。