中国バブルは、いよいよ崩壊するのか

シャドーバンキング問題の深刻度は?日本への影響は?

不動産の話だけでは済まなくなってきた中国経済。日本への影響は?(ロイター/アフロ)

中国バブル崩壊の足音が、ひたひたと近づいてきているような気がします。中国を代表する株価指数、「上海総合指数」は、6月24日に2000ポイントの大台を割り込みました。2008年のリーマンショック前には6000ポイントを付けていたことからすれば、3分の1以下にまで下落したことになります。中国バブルは崩壊するのか。その時、投資マネーはどう動くのか。草食投資隊の3人に語ってもらいました。

シャドーバンキングの正体とは?

中野 中国の「シャドーバンキング(影子銀行)」って、話題に上っているじゃないですか。なんだか、あまり得体が知れないのが気持ち悪いですね。これって、要は表に出てこないお金の流れということですよね。

藤野 かつての日本にもあった無尽講、頼母子講のようなものでしょ。中国の四大国有商業銀行、つまり中国銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行に属していない銀行あるいは金融機関というのが皆、「シャドーバンキング」というくくりでまとめられている。シャドーバンキングなどというと、何だかヤミ金融の一種というイメージが先に立つけど、実際に調べてみると、ちゃんとした金融機能を果たしているところもある。それこそAからFまでのグレードがあって、そこにはしっかりした金融機関も存在しているけど、一方、超高利でお金の貸し借りをやっているヤミ金融もいる。そんな感じかな~。

中野 違法金融機関ではないんですよね。

渋澤 違法ではないでしょ。規制する法律そのものがないんだから。

中野 規制がなければ何でもOKってことですか。理財商品なんていう、何か怪しい雰囲気の金融商品も出てきていますよね。

次ページ成長速度がダウン、不良債権問題が一気に表面化へ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。