厳しい2019年相場に上昇する意外な株とは?

「破壊の30年」がもうすぐ終わろうとしている

2018年は西野朗・サッカー前日本代表監督が締め括り。厳しくなりそうな2019年の株式市場で上昇する株とは?(撮影:梅谷秀司)
いよいよ2019年が始まります。2018年の株式市場は秋口から波乱含みの展開となり、大きく下落してしまいました。アメリカ景気はまだ拡大を続けるのか、消費税率引き上げで日本の景気はどうなるのか。そして米中貿易戦争は終焉に向かうのか。さまざまな課題を残したまま、日本は新元号に変わります。2019年はどういう1年になるのかを、草食投資隊の3人で話し合いました。

平成の30年間は「衰退の30年」だった!?

中野 恒例ですが、2019年がどうなるのかを考えてみましょう。何といっても2019年は元号が変わります。干支は亥(いのしし)ということで、相場格言だと「固まる」。ちなみに2018年は戌(いぬ)で「笑う」だったのですが、どうにも笑えない相場展開でした。さて、2019年はどうなるのでしょうか。

渋澤 日本人にとっては、やはり4月30日で平成が終わり、5月1日から新元号に変わるのが大きいでしょうね。

中野 恐らく、いろいろなところで平成30年間を総括するという話が出てくるのでしょう。日本人にとっては大きな切れ目ですし、あらゆるものをリセットする良い機会でもあります。しかも今回は、今上天皇の崩御という形で突然、元号が変わるのではなく、計画的に変わるわけですから、私たち自身やその身の回り、あるいは企業も、平成の終わりをカウントダウンしながら、新しい時代への準備が出来ます。ある意味で、楽しみでもあります。

渋澤 中野さん的に平成を総括すると?

中野衰退の30年でしたね。明らかに日本の国力は劣化したと思います。何とか、この流れを変えなければなりません。

渋澤確かに、平成バブル崩壊後の30年間でしたし、大きな自然災害もあって、悲観的にならざるを得ないところはありましたね。私が考える2019年は、破壊の30年間の29年目というものです。

次ページ「破壊の30年の29年目」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。