厳しい2019年相場に上昇する意外な株とは?

「破壊の30年」がもうすぐ終わろうとしている

2018年は西野朗・サッカー前日本代表監督が締め括り。厳しくなりそうな2019年の株式市場で上昇する株とは?(撮影:梅谷秀司)
いよいよ2019年が始まります。2018年の株式市場は秋口から波乱含みの展開となり、大きく下落してしまいました。アメリカ景気はまだ拡大を続けるのか、消費税率引き上げで日本の景気はどうなるのか。そして米中貿易戦争は終焉に向かうのか。さまざまな課題を残したまま、日本は新元号に変わります。2019年はどういう1年になるのかを、草食投資隊の3人で話し合いました。

平成の30年間は「衰退の30年」だった!?

中野 恒例ですが、2019年がどうなるのかを考えてみましょう。何といっても2019年は元号が変わります。干支は亥(いのしし)ということで、相場格言だと「固まる」。ちなみに2018年は戌(いぬ)で「笑う」だったのですが、どうにも笑えない相場展開でした。さて、2019年はどうなるのでしょうか。

渋澤 日本人にとっては、やはり4月30日で平成が終わり、5月1日から新元号に変わるのが大きいでしょうね。

中野 恐らく、いろいろなところで平成30年間を総括するという話が出てくるのでしょう。日本人にとっては大きな切れ目ですし、あらゆるものをリセットする良い機会でもあります。しかも今回は、今上天皇の崩御という形で突然、元号が変わるのではなく、計画的に変わるわけですから、私たち自身やその身の回り、あるいは企業も、平成の終わりをカウントダウンしながら、新しい時代への準備が出来ます。ある意味で、楽しみでもあります。

渋澤 中野さん的に平成を総括すると?

中野衰退の30年でしたね。明らかに日本の国力は劣化したと思います。何とか、この流れを変えなければなりません。

渋澤確かに、平成バブル崩壊後の30年間でしたし、大きな自然災害もあって、悲観的にならざるを得ないところはありましたね。私が考える2019年は、破壊の30年間の29年目というものです。

次ページ「破壊の30年の29年目」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT