いよいよアメリカ株の「溶解」が始まった

2019年には株価下落の「第2弾」がやってくる

アメリカ株をはじめ、世界の株価が急落している。筆者は2019年「第2弾の下げ」があると予想する(写真:ロイター/アフロ)

先週は、アメリカや日本など主要国の株価が大きく下落した。株価下振れの背景には「行き過ぎ」や「売られ過ぎ」の面もあったと考える。

なぜ株は「売られ過ぎ」と言えるのか

たとえば12月18日の東京市場では、その日に中国の習近平主席が演説を行なう予定だと伝わると、誰がそんな憶測を言いだしたのかわからないが、「アメリカとの通商問題で、大胆な妥協策を述べるのではないか」というありもしない期待が広がった。

しかし実際の演説では妥協策などは語られなかった。それを受けて、株価が反落した。現実には、演説を行なう前と行なった後で、米中関係に何らの変化はなかったわけで、この日の株価の反落は理不尽だ。また12月19日のアメリカ市場では、FOMC(米連邦公開市場委員会)が株価下落の要因だと報じられている。

大半の投資家が予想していた通り、FOMCでは0.25%の利上げが行なわれた。2019年の利上げ回数の中心シナリオも、これも大方の予想通り3回から2回に修正された。

市場は、「ジェローム・パウエル議長が記者会見で『債券保有残高の縮小ペースをこれまでと変えることはない』と語ったが、それが失望だ」として、株価が大きく反落してしまった。

だが「連銀が債券の売却ペースを緩める」などといった話は、事前にはほとんど議論されていなかったように思われる。また、パウエル議長の記者会見の前と後で、債券保有残高の圧縮ペースが加速したわけでもなく、これまでと同様の対応を、連銀が淡々と続ける、というだけだ。

次ページ2019年以降はどうなるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT