厳しい2019年相場に上昇する意外な株とは?

「破壊の30年」がもうすぐ終わろうとしている

渋澤 日本は1945年の終戦以来、非常に長い間、平和を謳歌してきましたから、不幸にして有事が起きた時、弱いでしょうね。

藤野そこは私も心配。

中野 2018年の秋冬相場を見ると、非常にボラティリティが大きくなりました。いわゆる恐怖指数と言われているVIX指数も20を頻繁に超えるようになっています。中間選挙は何とか乗り越えましたが、マーケットはなかなか落ち着きません。

まだ厳しい下げの局面が来る

藤野 トランプ大統領が誕生した時、株価は暴落した後、暴騰して、多くのトレーダーが翻弄されました。その経験から、何かイベントがある時にはいったん、ポジションを外す動きが常態化しています。

それがあったから、中間選挙前にアメリカの株価が大きく下落し、中間選挙後に一瞬、戻す場面がありました。この戻しは、明確な買い材料に支えられたものではなく、単なるアヤ戻しに過ぎません。だから、その後も株価は上昇、下落を繰り返しています。当然のことですが、株式市場はこれから、世界景気は上向きなのか、それとも下向きなのかという、ファンダメンタルズをしっかり見て動くことになるでしょう。少なくとも現状においては、なかなか強気にはなれません。

渋澤 個別で見ると、たとえ増収増益だとしても、想定以上に良い数字が出ない限り、株価は下げる傾向を強めていますね。それだけ市場参加者が神経質になっているのかも知れません。

藤野 そうですね。グローバル・テーパリング(緩和縮小)によってキャッシュが減っていますから、リスク資産に流れていたお金が減り、株価の上値を抑えているのだと思います。

中野 2019年は、ほぼ確実といっても良いと思うのですが、アメリカ企業の業績は落ちますよ。それをマーケットがまだ完全に織り込んだとも思えませんから、まだ厳しい下げの局面が来るでしょう。アメリカ株が大きく調整すれば、当然のことですが、日本株だって無傷では済みません。

次ページ2019年に上昇する株とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。