中国経済は、もはや年5%も成長していない

シャドーバンキング問題に揺れる中国の実態は?

李克強首相も中国のGDP統計には懐疑的?(ロイター/アフロ)

日経新聞をはじめ、さまざまな経済メディアなどで、中国の「影の銀行」問題が、連日、取り上げられるようになってきています。そこで今回は、新刊『シェール革命後の世界勢力図』からの引用になりますが、今の中国経済・金融の実態について述べたいと思います。

李克強首相も信用していなかった?GDP統計

中国共産党の幹部たちが、家族と財産を国外に避難させているのは有名な話です。彼らは何を恐れているのでしょうか。これまで国民に隠してきた数々の「不都合な真実」を隠しきれなくなり、万が一の事態が生じた際には、身ひとつで逃げ出せるようにしているのではないでしょうか。

共産党政権が隠してきた真実の中でも最大級なのは、GDPに関するものです。現首相の李克強氏が遼寧省書記だった2007年、在中国のアメリカ大使にこう漏らしたことがあるそうです。「信用していいのは電力消費量、貨物輸送量、それに銀行融資の3つのデータだけだ。GDP統計は信用できず、割り引いて見なければいけない」と。

GDP統計が信用できないというのには、次のような事情があります。

中国の地方政府のトップは、各地区の共産党委員会書記が務めます。書記が共産党中央指導部入りするためには、地方政府で「実績」を挙げなければなりません。「実績」とは域内総生産(GDP)の成長率を上げることに尽きます。したがって、地方政府間で成長率を競う事態に陥りやすく、地方別のGDPデータはどうしても水増しされがちになるのです。こうした傾向は時に景気後退期に顕著になるようです。

次ページでは、本当の成長率は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。