欧米が生んだ「インフレ経済学」の正体とは?

「宗教臭さ」さえ感じる、インフレ期待の風潮

(撮影:尾形 文繁)

現在、アベノミクスが掲げている「インフレ目標」という政策は、インフレ率の目標値を掲げることで「インフレ期待」に働きかけ、経済活動を活性化させることを謳っています。 つまり、「もうすぐ物価が上がるから、いまのうちにお金を使ったほうがいい」「物価上昇に備えて、預金だけではいけない。早く株を買ったほうがいい」などと、人に暗示をかける性格のものです。

「宗教臭さ」さえ感じる、インフレ期待の風潮

「景気の『気』は気持ちの『気』です」などと信じられないようなことを言う経済学者もいますが、日本が本当にインフレになるかは誰にもわかりません。 
 にもかかわらず、株を買ったり消費をするように仕向ける現在の風潮には、「信じる者は救われる」的な、宗教臭さを感じざるを得ません。

ケース・シラー住宅価格指数を発明したイェール大学のシラー教授は、「株の取引をしていない人間も、株高になると景気がよくなったように感じてしまう」と言っています。株を保有している人なら、株高によってたしかに資産が増えます。しかし株を持っていない人には何もメリットはないはずです。にもかかわらず、なぜか力を得たように感じるというのです。

ここにも一種の「暗示」が働いていると言えそうです。

次ページ現在の経済学には、明らかに宗教的な要素がある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT