世界を震撼させる「10月ショック」に注意せよ

「見せかけの株価上昇」のあとに、来るものとは?

参院選に大勝した安倍・自民党。だが、秋には大きな試練が待ち受ける(撮影:尾形 文繁)

「正直言って、日本株マーケットの今とこれからを、現状からどう判断すべきか、わからなくなってきました」 

7月21日に投開票が行われた、参議院選挙の直後のことだ。私が率いる研究所(HPはこちら)とアライアンスの関係にある、市場データ分析の「猛者」とのやり取りの中で、そんな「嘆き」ともいうべきメールが飛び込んできた。その理由を私が尋ねると、「猛者」は、こんな風に返事を返してきてくれた。

夏マーケットの「通常パターン」があてはまらない?

「夏の日本株マーケットには、大きくいって2つのパターンがあります。7月20日前後に崩れ始め、そのまま崩れていってしまうパターン。この場合は秋に盛り返すことが前提になっています。そしてもうひとつが7月20日前後においてはぐずついた感じが続き、8月からはむしろ高騰となるというパターン。ただこの場合、8月末には外資勢の手仕舞いから始まり、崩落となるのが通例です」

参議院選挙の直前および直後の状況を見るかぎり、今回はここでいう2番目のパターンが当初はあてはまっていた。そうであれば、もはや答えは簡単ではないかと私が問いかけると、「猛者」はこう答えてきた。

「いえ、それがそうではないのです。まず顕著なのが、本来であればリスク分析上の観点でいうと“勝負”がつくべき日が、選挙後しばらくしてから株価が下落に転じたことで、どんどん後の時期にずれ込んできているということ。つまり“決戦の日”は8月になってしまったというわけなのです。

次ページ「決戦は8月」の意味は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT