日本株は、いったん暴落する可能性がある

インテリジェンスのプロ、原田武夫氏が大胆予測

「アベノミクス」で日本は復活する。少々のリスクが顕在化しても、金融緩和で乗り切れる――。いまの日本のマーケットには、そんな漠然とした楽観論が横溢している。原田武夫氏(元外務省出身、原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)代表取締役)は、そうした楽観にクギを差し、「複合リスク」の同時炸裂を警戒せよ、と説く。これは何を意味するのか。今回から3回にわたり、原田氏のコラムを掲載する。企業経営者も、相場関係者も、ぜひともお読みいただきたい。

 

先日、マーケットの最前線で活躍する盟友と酒を酌み交わす機会があった。いわゆるアセットマネジメントの世界では、わが国において知らぬ者はいない人物である。しかし決してメディアという意味での「表の世界」に出て来ることはない。そうした人物たちのことを、私はマーケットの猛者と呼んでいる。その猛者の典型のような人物がこの盟友なのである。 

マーケットの猛者も「日本の独り勝ち」というが…

マーケットの猛者と一般人をくっきりと分けることはただひとつ。前者はたぐいまれなリスク感覚を持っているということである。普通ならば思いもつかない「世界の裏の裏」まで考え抜いたうえで、ポジションをつくり上げている姿を見るたびに、目が覚めるような思いがする。

彼は、実に用心深い。ありとあらゆる可能性・リスクを織り込んだうえで、「今この瞬間」における最善の抜け道を考え出す。言葉を交わすたびに、教えられることしきりなのである。

ところが今回だけは違った。「円安・日本株高」をもたらしたアベノミクスに対する見方があまりにも緩かったのである。むろんリスク分析をしていなかったわけではない。だが彼いわく、あらゆるリスクを踏まえたうえであっても、「日本独り勝ち」は間違いないのだという。

次ページ本当に「日本独り勝ち」を信じていいのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT