外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く

27日から相場は実質新年度入り。目先は欧州の問題が燻り続けているが、今後の相場はどうなるか。マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木 隆氏に聞いた(聞き手:松崎 泰弘)。

アベノミクスへの期待は容易に終わらない

――黒田東彦総裁の下で日銀の新体制が始動しました。

これから強力な金融緩和がスタートする。「株価にはすでに織り込まれている」との指摘もあるが、そうは思わない。1回限りのイベントではなく当面、緩和状態が続くからだ。これで材料出尽くしとはならないだろう。

岩田規久男副総裁は「リフレ派」の代表格だ。黒田総裁も金融緩和論者の1人だ。緩和を続けることでインフレを起こせるかどうかをめぐっては、いまだに理論的な説明がなされていないものの、ある程度はすでに成功したといえるのではないだろうか。円安・株高の進行がその証しだ。 

 円相場の下落に伴い、駆け込みの旅行需要も増加している。輸入品を扱う店には、「いつ値上げするのか」との問い合わせが来ている。一方、企業側も賃上げを本格的に検討し始めた感がある。なかでも、真っ先に手を挙げたのがローソン。従業員の給料が上がらなければ消費も盛り上がらない。

だから、率先して従業員に利益を還元することで、消費意欲を高めようとの判断がありそうだ。マーケットだけでなく、企業や消費者にもインフレ期待がジワジワと出てきているのだ。「アベノミクス」によってもたらされた期待は、さらに膨らむだろう。

次ページ株価の先高感を支える他の要因もある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT