外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く

27日から相場は実質新年度入り。目先は欧州の問題が燻り続けているが、今後の相場はどうなるか。マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木 隆氏に聞いた(聞き手:松崎 泰弘)。

アベノミクスへの期待は容易に終わらない

――黒田東彦総裁の下で日銀の新体制が始動しました。

これから強力な金融緩和がスタートする。「株価にはすでに織り込まれている」との指摘もあるが、そうは思わない。1回限りのイベントではなく当面、緩和状態が続くからだ。これで材料出尽くしとはならないだろう。

岩田規久男副総裁は「リフレ派」の代表格だ。黒田総裁も金融緩和論者の1人だ。緩和を続けることでインフレを起こせるかどうかをめぐっては、いまだに理論的な説明がなされていないものの、ある程度はすでに成功したといえるのではないだろうか。円安・株高の進行がその証しだ。 

 円相場の下落に伴い、駆け込みの旅行需要も増加している。輸入品を扱う店には、「いつ値上げするのか」との問い合わせが来ている。一方、企業側も賃上げを本格的に検討し始めた感がある。なかでも、真っ先に手を挙げたのがローソン。従業員の給料が上がらなければ消費も盛り上がらない。

だから、率先して従業員に利益を還元することで、消費意欲を高めようとの判断がありそうだ。マーケットだけでなく、企業や消費者にもインフレ期待がジワジワと出てきているのだ。「アベノミクス」によってもたらされた期待は、さらに膨らむだろう。

次ページ株価の先高感を支える他の要因もある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT