外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く

当時に比べると、今のほうがむしろ「日本が変わる」確率は高い。小泉元首相にはリーダーシップがあったが、何が変わったかといえば、郵政民営化が目立つぐらい。大きな変化はなく、同元首相が退任したとたん、官僚が力を取り戻してしまった。

これに対して、安倍首相の場合、日本の構造改革には踏みこんでいないが、低迷する経済立て直しのためにデフレ脱却へ動き始めた。ほかにも、日銀の体質改善を見据えた人員配置、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加表明など、日本経済を大きく変えようとの強い意欲がうかがえる。

変化は05年当時をしのぐものになるだろう。それを考えれば、外国人買いが10兆円で止まるとは考え難い。3月以降、海外勢の日本株買いが再加速しているのは、本腰の入った中長期の資金が入ってきていることの表れだ。

――物色の流れはどうなりますか。

「デフレ脱却→インフレ」というテーマに沿った銘柄が人気を集めるだろう。不動産株買いはその一環だ。ただ、「含み資産株」には注意が必要だ。不動産株ならば、土地の値上がりが収益をもたらすが、土地を保有しているだけの企業だと、収益を生むわけではない。

デフレ脱却は円安修正も促す。自動車、タイヤなどの銘柄も恩恵を受けるだろう。米国景気回復という追い風も吹いている。また、実質金利の低下によって設備投資が動き出せば、同関連銘柄にも矛先が向けられそうだ。「インフレでカネ離れがよくなる」との連想から、消費関連株も投資家の関心を集めそうだ。「いずれは長期金利が上昇し、長短金利差が拡大する」との思惑から、金融株が買われる可能性もある。インフレ期待の高まりに伴って循環物色の裾野が広がりそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング