アベノミクスとは、現金の価値が減ること

これからの資産運用のキーワードは「ためふや」

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

草食投資隊をフォローせよ!皆さん、フォローしてくれていますか?今回も前回(→記事はこちら)に引き続き、アベノミクスを真剣に考えます。今回は、アベノミクスが成功するためのポイントに加え、私たちは何をするべきなのか、などについて話し合いました。

渋澤:前回、藤野さんは「アベノミクスはチャレンジする人にとって良い社会を築くこと」って言ったよね。

アベノミクスとは、行動する人に報いるもの

藤野:そうです。前回も言いましたが、デフレの何が悪いのかというと、何もしない人が潤うということですよね。もう少し、突っ込んで言うと、既得権益者や役人のように、挑戦しなくてもいい社会の中で生きている人たちにとって、デフレは非常に都合がよかったわけです。投資ではなく、預金をする人にも、それは当てはまります。

これに対して、アベノミクスは行動する人に報いるものですから、自分のビジネスを大きくしようと努力している人たちや、預金ではなく投資をしようとしている人たちに対して、そのチャレンジに応じた見返りがある社会を創っていこうというものです。平たく言えば、ひとりひとりが少しでも給料を上げるために行動する社会、ということになります。

次ページいままでは何もしていない人が一番得をしたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。