アベノミクスとは、現金の価値が減ること

これからの資産運用のキーワードは「ためふや」

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

草食投資隊をフォローせよ!皆さん、フォローしてくれていますか?今回も前回(→記事はこちら)に引き続き、アベノミクスを真剣に考えます。今回は、アベノミクスが成功するためのポイントに加え、私たちは何をするべきなのか、などについて話し合いました。

渋澤:前回、藤野さんは「アベノミクスはチャレンジする人にとって良い社会を築くこと」って言ったよね。

アベノミクスとは、行動する人に報いるもの

藤野:そうです。前回も言いましたが、デフレの何が悪いのかというと、何もしない人が潤うということですよね。もう少し、突っ込んで言うと、既得権益者や役人のように、挑戦しなくてもいい社会の中で生きている人たちにとって、デフレは非常に都合がよかったわけです。投資ではなく、預金をする人にも、それは当てはまります。

これに対して、アベノミクスは行動する人に報いるものですから、自分のビジネスを大きくしようと努力している人たちや、預金ではなく投資をしようとしている人たちに対して、そのチャレンジに応じた見返りがある社会を創っていこうというものです。平たく言えば、ひとりひとりが少しでも給料を上げるために行動する社会、ということになります。

次ページいままでは何もしていない人が一番得をしたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT