アベノミクスとは、現金の価値が減ること

これからの資産運用のキーワードは「ためふや」

中野:とにかく、デフレが進んだこの15年間で、誰が一番得をしたのかが、わかりましたよね。それは言うまでもなく、老人や公務員です。要するに所得移転が進んだわけですが、こういった人たちは、どちらかといえば、新しい付加価値を生み出しにくい。もちろん、だからといって社会からスポイルしてもいいということではありませんよ。そこは誤解のないように。

ただ、もう少し付加価値を生み出すべく努力をしている人たちに対して、それに報いるような政治システムや経済システムが構築されることが大事だと言いたいですね。

藤野:今回の円安によって起こった現象は、非常に興味深いものだと考えています。だって、個人金融資産の大半は、高齢者の人たちが現金で保有しているわけですよね。で、そこが円安によって20%以上も、資産価値を失ったわけです。これって、20%以上も徴税されたのと同じことですよね。

渋澤:本当に、これからはキャッシュだけで資産を持つことの怖さが、徐々に認識されていくのだと思います。手前味噌ですが、草食投資隊を通じて、それこそ全国規模で、3年間も投資の大切さを説いてきたことが、ようやくここで報われてきたという感じがするね。

官僚のアベノミクスへのスタンスは?

中野:とはいえ、アベノミクスに対しては、まだまだ批判的な声もたくさん聞きます。既得権益者の声だとすると、こうした批判の声の出所は、高齢者なのか、それとも役人なのか・・・・・・。

藤野:財務省はインフレを望んでいますから、むしろアベノミクスを先導している方じゃないかな。何しろインフレが進めば、これまで発行してきた国債の負担が確実に軽くなりますからね。ただ、ちょっと微妙なところはあると思います。というのも、やはり役所としては、自分の既得権益だけは何としてでも押さえておきたいという気持ちが、常に強くあるじゃないですか。アベノミクスが言うところの「成長戦略」というのは、規制によって守られている既得権益を壊すものですから、今後は各論部分において、規制緩和に大反対する声が上がってくるでしょう。

たとえばインターネットを通じた医薬品販売では、これに反対する勢力による強烈な巻き返しが行われています。このように、規制緩和そのものには賛成だけれども、各論において、自分たちの既得権益が侵されそうになった時、それに対して猛烈に反発する声というのは、これからも出てくるでしょう。

次ページ視野をひろげて、さらに考えてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT