Xデーは9月か10月、マーケットに大波乱?

黒田日銀の「バズーカ砲」には手放しで喜べない

 「黒田バズーカ砲って、なに?」最近の新聞報道でよく聞く言葉です。が、「何のことやらわからない」という人も多いでしょう。簡単に言えば、政府・日銀がたくさんのおカネを供給することです。日銀がおカネをどんどん刷り、金融市場を通じて世の中に流す。それによって、マネタリーベースを今後2年間で倍増させる。加えて、償還までの期間が長い国債や、ETF、REITもどんどん購入するという大盤振る舞いです。
 つまり、「カネ回りがよくなる」ということですが、これで日本経済は本格的な回復へと向かうのでしょうか。副作用の心配はいらないのでしょうか。どうやら、草食投資隊の間では、意見が分かれているようです。

「黒田バズーカ」は、デフレ脱却のためなら許される?

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

中野 そもそも日銀の金融政策は物価の安定を目標に行っているものですよね。

そこで言われている「安定」は、インフレが起こったとき、それを沈静化させるという意味で用いられるのが一般的であり、物価下落に対しては放置したままでよいというのが、事実上の白川方明日銀前総裁のスタンスだったように思います。

でも、物価は上がっても下がっても、社会構造を歪めるリスクがありますから、デフレを放置した白川前総裁には罪がある。それを全否定したのが黒田東彦総裁であり、今、まさにデフレからの脱却を目指して強烈な資金供給を行っている黒田バズーカは、それなりに評価できると思います。

渋澤 異論。物価安定という意味では、黒田バズーカはナローパス、つまり非常に狭い道を通すような難しい政策だと思うんだな。そのナローパスをマネージするのが、黒田総裁、岩田規久男副総裁、中曽宏副総裁という布陣で、これ以上のチームはないと思うんだけど、実際にやることは、月7.5兆円程度の国債を買い入れるわけでしょ。

次ページ黒田総裁への一定評価で始まったが、「ちょっと待った」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。