いよいよバブル相場がやってくる!?

山崎元が読む、ちょっと先のマーケット

通称「アベノミクス」をはやして、円安が進み株価が上昇した。米国経済の改善や景気後退が底打ちした観のある国内経済などがあって、アベノミクスだけが上昇相場の理由ではない。だが、「大胆な金融緩和」への期待が大きく作用したことは、間違いあるまい。企業業績は、円安を映して2013年度(来期)の予想ベースでは、今後大きく上方修正されることが期待されるが、ここまでのところでは、まだ顕著に回復したわけではない。

いまの相場は、2003年と1986年と似ている

総合的に見て、ここまでの株価の上昇は、株式市場用語でいうところの「金融相場」だ。

金融が緩和状態にあることで、株式市場に資金が向かい株価を押し上げる。金融緩和が一段と強化され、継続する、という見通しが、さらに株価を押し上げる。こういった流れだ。現状に似た時期を過去に探すと、2003年と1986年が思い浮かぶ。近いほうの、2003年から振り返ってみよう。

2003年は、日銀総裁が速水優氏から福井俊彦氏に交代して、量的緩和が一段と強化された年だ。量的緩和自体は速水総裁時代から導入されていたが、福井総裁になってこれを一気に拡大した。円高好き・インフレ嫌いのタカ派セントラルバンカーであった速水氏から、お金をばらまく「花咲かじいさん」的な明るいキャラクターの福井氏に総裁が交代したことの心理的な効果もあっただろう。公的資金によるりそな銀行救済をきっかけに、上昇相場が始まった。

しかし、その後、利上げを「勝ち」と考える日銀マンとしての功名心が福井氏に出たというべきか、サブプライム問題が忍び寄る中で、量的緩和を急速に巻き戻し、ゼロ金利解除に走って、それまでの政策効果を台無しにしたのはまだ記憶に新しいところだ。

次ページ2003年、1986年はどんな相場だったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。