トランプ大統領の笑いが日本まで聞こえてくる

民主党は「大失態」から態勢を立て直せるのか

弾劾裁判では想定通りに無罪が確定。トランプ大統領は政権に批判的なワシントン・ポストを手に「今までで一番良い見出しだ」と皮肉った。民主党の大失態にも恵まれ、笑いが止まらない(写真:新華社/アフロ)

この1週間は、アメリカ政治ウォッチャーにとって怒涛の日々だった。2月3日(月)はアイオワ州党員集会、4日(火)は一般教書演説、そして5日(水)は大統領弾劾裁判の評決が行われた。いろんな偶然が重なって、てんこ盛りの日程ができあがったのだが、結果として、ドナルド・トランプ大統領にとっては笑いが止まらない1週間となった。なぜ、こんなことになったのか、順に振り返ってみよう。

民主党のアイオワ州党員集会が大混乱になったワケ

まずは3日にアイオワ州党員集会が行われ、いよいよ2020年アメリカ大統領選挙が幕を開けた。普段は地味な農業州で、トウモロコシ畑以外のことが話題になることは滅多にないのだが、4年に1度、この時期に全米の注目を集めることになる。それまで世論調査で「格付け」されていた大統領候補者たちが、この日を境に「アイオワ州で×位だった○○候補」と呼ばれるようになるのである。

ところがこのアイオワ州党員集会において、前代未聞の事態が発生した。選挙結果の集計用に用意したスマホアプリの不具合により、その日のうちに結果が判明しなかったのである。

そんなこと言ったって、党員集会に参加するような熱心な民主党員は州の人口約300万人のごく一部、前回2016年選挙でも17万人くらいである。集計所の数も1700か所くらいなんだから、そのくらい手計算でやって、電話とFAXで集計したらどうなんだ、と言いたくなるところである。何も難しい計算じゃなくて、単なる足し算なのだから。

それなのに、現地は大混乱に陥った。誰も勝利を確認できず、各候補者は疑心暗鬼で夜を過ごすこととなる。翌日になって、開票率62%の中間発表が出て、「ピート・ブティジェッジ候補がリード」との報が入った。38歳、同性愛者だとカミングアウトしているサウスベンド市の元市長が、一躍、脚光を浴びた。

次ページサンダース候補には、またも不吉な話に?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。