トランプ大統領の笑いが日本まで聞こえてくる

民主党は「大失態」から態勢を立て直せるのか

ここから先はお馴染みの競馬コーナーだ。今週末は東京新聞杯(G3、府中の東京競馬場、9日11R、芝1600メートル)。上半期の古馬マイル路線の開幕戦で、安田記念やヴィクトリアマイルと同じコースで行われる。去年のインディチャンプ、1昨年のリスグラシューはこのレースで優勝し、そのままG1路線で飛躍を果たしている。つまりは「出世レース」ということだ。

「出世レース」東京新聞杯の本命はクリノガウディー

しかるにこのレース、予想が当たらないことでも定評がある。過去10年の戦績を見ると、単勝4.9倍以下の馬が2-1-4-11と、勝率1割程度に甘んじている。ここは大胆に、次世代のマイル路線のチャンピオンを探り当てたいところ。

筆者のねらい目はクリノガウディーだ。3歳馬の間は今一つ芽が出なかったが、元は朝日杯FSの2着馬。父スクリーンヒーロー産駒は大器晩成型が多いので、4歳古馬となったここで期待してみたい。鞍上も自在型の横山典弘騎手に乗り替わりとなるので、ここから人気馬に流してみたい。

相手としては3連勝中のヴァンドギャルド、府中適性の高いレッドヴェイロン、牝馬もわりに来るレースなので、プリモシーンも押さえておこう。

2月の競馬場はなお寒い。くれぐれも暖かい服装でお出かけあれ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT