スターウォーズ完結で暗黒面に落ちたのは誰か

「エピソード9」は歴代何位まで行けるのか?

スターウォーズのエピソード9、『スカイウォーカーの夜明け』が封切りになった。内容はビミョーだったが・・・(写真:つのだよしお/アフロ)

スターウォーズのエピソード9、『スカイウォーカーの夜明け』を封切り2日目に見てきた。筆者が高校2年生だった時に始まったSF大河ドラマが、還暦一歩手前の年になってとうとう完結したのである。この間、実に42年もの月日が流れている。この際、正規料金1900円也を払って、精進潔斎して映画館で見るべきだろう、と考えた次第である。

スカイウォーカーの夜明けはビミョーだったが・・・

感想は、と聞かれると、まあ、そこはビミョーである。映画のポスターに「――すべて、終わらせる。」とあったが、シリーズを終わらせることに全精力を使い果たしたのかもしれない。J.J.エイブラムズ監督は、エピソード7『フォースの覚醒』(2015年)でもそうであったが、ファンサービスが過剰なのである。コテコテのスターウォーズファンの受けはいいけれども、個人的にはライアン・ジョンソン監督によるエピソード8『最後のジェダイ』(2017年)の方が、シリーズに大胆な解釈を与えていて良かったと思う。

とはいえ『スカイウォーカーの夜明け』では、主人公レイはあいかわらずカッコよく、カイロ・レンとの洋上戦闘シーンは迫力十分で、脇役であるC-3POやチューバッカにも見せ場が作ってある。そしてラストシーンは、「このシリーズにこれ以外の結末はない」と思わせるものであった。ファンの方々、見ないで済ませる手はないですぞ。

ご存じの通り、このシリーズを生み出したのはジョージ・ルーカス監督である。銀河を駆けめぐる長大な物語は、1977年のエピソード4『新たなる希望』で幕を開ける。以後、『帝国の逆襲』(1980年)、『ジェダイの帰還』(1983年)と続く。

この3部作の影響はまことに大きかった。ここで誕生した「明るいSF活劇」という世界観に反発するかのように、以後、『エイリアン』(1979年)、『ブレードランナー』(1982年)、『遊星からの物体X』(82年)、『ターミネーター』(1984年)などSF映画の秀作が次々と世に出る。新しいハリウッド映画の潮流を作ったシリーズ、といっても過言ではあるまい。

次ページルーカス引退後、主体になったのはあの大会社
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。