「スターウォーズ」から予測する2018年の米国

吉崎・山崎・ぐっちーさんの有馬記念予想つき

スターウォーズの映画で「帝国軍=共和党、反乱軍=民主党」と見ると、アメリカが見えてくる(写真:Shutterstock/アフロ)

皆さん、年末の風物詩はもうご覧になっただろうか? ほら、あれだよ、『スターウォーズ』(SW)のエピソード8『最後のジェダイ』のことだ。2年前の2015年に封切られた前作のエピソード7『フォースの覚醒』よりも格段に良い。ファンの方は映画館に急がれたし。そうでない方も、年末年始のお休みにお勧めしますぞ。

スターウォーズ最新作から浮かび上がるアメリカとは?

この連載の記事はこちら

前回『フォースの覚醒』は、続編を待ち焦がれたSWファンの心をくすぐるような作品で、その代わり意外性は乏しかった。新しい物語を楽しむというよりは、ハン・ソロやレイアと再会することが目的で、物語はほとんど予想どおりに展開した。ところが今回は何度も観客の予想は裏切られる。「おっ、そう来たか」「えっ? それでいいの?」などと、映画館の中で何度も身を乗り出した。

ファンの中には、「ちょっと違う~!」という反応もあるようだが、これまでのシリーズに新解釈を持ち込んだライアン・ジョンソン監督の勇気は買いたい。ちなみにこの秋に封切られた『ブレードランナー2049』にはそれが足りなかった――などというオタク話はここでは自粛しよう。封切りからまだ1週間なので、あまりネタバレにはならぬよう、この映画から浮かび上がってくる「今のアメリカ」について語ってみたい。

1978年に第1作『新たなる希望』に登場したレイア姫は、まるでおとぎ話のような可憐さであった。あの「お団子ヘアー」が懐かしい。ところが今回、反乱軍を率いるレイア・オーガナ将軍は、まるでヒラリー・クリントンのような貫禄である。そりゃそうだ。最初のときのワシは高校2年生で、それが今では50代後半になっている。時は流れたのだ。残酷なほどに!

第3作『ジェダイの帰還』でレイアたちは勝利し、帝国軍は崩壊する。しかし今度は「ファースト・オーダー」なる残党が台頭し、今やレイアはレジスタンスを率いる立場。時に利あらず、反乱軍は撤退を重ねる。そしてこの「ファースト・オーダー」という悪玉、2年前にエピソード7を見た時には思いもよらなかったが、今では「アメリカ・ファースト」を唱えるあの人に重ねてみたくなる。

次ページ帝国軍=共和党、反乱軍=民主党の図式
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT