「スターウォーズ」から予測する2018年の米国

吉崎・山崎・ぐっちーさんの有馬記念予想つき

お二方の予想は、いかがだったか。ところで有馬と言えば、「世相馬券」である。「有馬ではその年を象徴する馬が来る」と言われる。たとえば2017年の漢字は「北」であった。だったら、有馬が引退レースとなるキタサンブラックが、7つ目のG1レースを制して有終の美を飾る、というのは誰もが考える美しいストーリーであろう。

しかし筆者のようなへそ曲がりは、そんな単純な予想は断固拒否したい。夏の宝塚記念で凡走したキタサンブラックは、同じグランプリレースである有馬でも期待を裏切るのではないか。それに不透明性の2017年を締めくくる有馬なんだから、今年はきっと荒れる。ここで思い出すのは2007年、ちょうど10年前の有馬記念だ。9番人気のマツリダゴッホが来て、アナウンサーが「祭りだ、祭りだ!」と絶叫したものである。

マツリダゴッホは直前、天皇賞秋で15着と惨敗し、大方のファンのレーダーサイトから消えていた。ところが重要だったのは中山実績のほうで、9月のオールカマーでは1着だった。そして今年もオールカマー1着で、エリザベス女王杯を9着と大敗し、完全に人気圏外となっている馬が居る。そう、ルージュバックだ。

有馬はルージュバック! 別の「北」が炸裂する!

2017年はひとつ牝馬に賭けてみよう。有馬における鞍上は、前走のムーア騎手から北村宏司騎手に戻る。「今年の漢字は『キタ』サンではなく、『北』村騎手のほうだった!」というアナウンサーの絶叫が今から聞こえるような気がするぞ。

え? マンハッタンカフェ産駒は、有馬ではあまり勝ってないじゃないかって? なんのほかならぬマンハッタンカフェ自身が、2001年の有馬を制しているではないか。そしてその年の有馬を当ててしまったがために、翌年から競馬場通いが止まらなくなったのがかくいう筆者なのである。

ということで、今年は薄い確率に賭けてみる所存である。己の夢を買わずして何の競馬、何の有馬ぞ。読者諸兄も有馬を勝って、どうぞ良いお年をお迎えあれ!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。