「スターウォーズ」から予測する2018年の米国

吉崎・山崎・ぐっちーさんの有馬記念予想つき

ぐっちーです。さて、2017年最後の古馬G1レース、有馬記念であります。今回は特別枠にて吉崎さんの記事の中に突っ込ませていただきました(笑)。

全くもって、キタサンブラックが早くから決めていた引退レース。ファンの得票数も圧倒的NO.1で、絶対勝ちたいレースで1枠2番を引いてくる……。しかも有馬記念は中山の右回り2500メートルなのだ……(内枠が圧倒的に有利)。引いた武豊騎手がすごいのか、さすがにオーナーの北島三郎さんの強運がさく裂したのか何ともいえませんが、これは相当有利にことが運べることは間違いない。

ぐっちーさんの本命はシュヴァルグラン、JCから連勝!

ただし、有力馬が有馬で負けるパターンは天皇賞、JCと激走が続いたパターンが多く、2017年はまさにこのパターンに該当。ただでさえ、さすがにこの期間で3走は走り過ぎ。そのうえ、「激走が続いた後、有力馬がやられる」というケースは、これまで何ども見てきました。まあ、負けた場合には大体「大外の枠を引いちゃった(から勝てなかった)」、とか注文がついているケースが多いのですが、果たして絶好枠の1枠2番を引いた今回のキタサンはこの壁をぶち抜けるのか、非常に興味のあるところです。

ということで、今回の本命はこの激走パターンを避けて、比較的ゆっくりしたローテーションでJCを制したシュヴァルグラン。こちらはまだ余力十分でJCあの勝ち方ですから、むしろ強いのはこっちでしょう。ヒュー・ボウマン騎手が完全に手の内に入れたのも大きいと思います。

対抗はサトノクラウン、スワーヴリチャードとなるわけですが、ミルコ・デムーロ騎手がサトノクラウンを出走させているオーナーの里見浩さんを袖にしてまでわざわざスワーヴリチャードを選んだのが、すごく気になります。正直、彼は里見さんにはすごくお世話になっていて頭が上がらないはずで、ここで断れる理由は、普通はないはずです。ということは……。

「キタサンを負かすにはサトノクラウンでは難しい」、とデムーロ自身が確信しているということでありまして、可能性をスワーヴリチャードの瞬発力に賭けた、と考えていいと思います。ということで、馬券的にはすっきりで、シュヴァルグラン―スワーヴリチャードの馬単、馬連のガチ勝負で1年間を締めくくりたいと思います。終わりよければすべてよし! みなさま、良いお年を!

次ページさて、酉年の「大トリ」を飾る吉崎予想は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?