ドケチの日銀がケチになり円安進行!?

マーケットから見た政局の注目点

木枯らしと相前後して、「解散風」が突風になって吹いてきた。

14日の党首討論で、野田首相は、特例公債法案と「0増5減」の衆院定数改正法案通過を条件に、16日に解散を発表すると述べた。総選挙告示は12月2日、投票日は12月16日となる模様だ。都知事選と投票日がぶつかることになる。

競馬にたとえるなら、これは地方競馬の年末ビッグレース、東京大賞典の日に、JRAのジャパンカップをぶつけるような(地方競馬に意地悪な)特殊な日程だ。推測するに、「さっさと解散しないと、消費税増税に関する三党合意を反故にするぞ!」と、野党側が野田氏にとっての急所を突いたのかも知れない。

また、いわゆる「第三極」(日本維新の会、みんなの党、太陽の党、などの勢力)の選挙準備が整わぬうちに総選挙をやりたい、また、都知事選で猪瀬直樹候補を支持する第三極が官僚制度批判を旗印に大同団結して勝利して「勢い」がついた状態で総選挙を迎えたくない、といった政治的判断があったものだろう。

野田首相は種牡馬は無理だが、誘導馬にはなれる!?

民主党内の分裂を招きかねないTPPを敢えて選挙の争点として強調するとの野田首相の意向も、TPPが、太陽の党の面々と、日本維新の会・みんなの党の主張が対立するポイントだからだろう。野田氏が競争馬なら、血統や厩舎事情を考えると、「消費税杯」のタイトルを取ったことで、お役ご免なのだろう。

今後、政界のGⅠレース(首相を目指すレース)に出走することはないだろし、種牡馬(裏のキングメーカー)として好成績を残せそうにも思えないが、「消費税」と「TPP」で競走馬生命を縮めた功労馬だから、日本の政治の影の二大オーナーである財務省と米国とが、そこそこの牧場で養ってくれるノダろう。誘導馬くらいの余生はあるかも知れない。

次ページ「総選挙レース」の注目点は・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT