ドケチの日銀がケチになり円安進行!?

マーケットから見た政局の注目点

為替レートが1ドル80円をこえてきた。

ここまでのところ、前回の金融政策決定会合で決めた追加緩和措置、特に、銀行貸し出しを増やすための措置がもたらす心理的影響が大きいようだ。今後、効果が徐々に現実のものとなる可能性があるし、先般のGDPの数字(7−9月期、実質年率−3.5%)などを見ると、更に追加緩和を決める可能性もある。

マーケットは「変化」を見ることが重要なゲームだ。日銀が、「ドケチ」から「ケチ」に変身するなら、絶対評価は「ケチ」なのだとしても、マーケット的には「買い」となる。

自民党安倍総裁の言動と為替に注目

ポイントは、次に助手席に座ってあれこれわめく客になるはずの自民党(特に安倍晋三新総裁)がどのような態度を示すかだ。次期日銀総裁人事をどうするか(予想は“ムトウザイムオー”に◎だが)、さらに、日銀法改正まで踏み込もうとするのか。どうやら金融緩和推進論者であるらしい安倍氏が強硬な態度を取るなら、日銀は、組織防衛のために次々と緩和策を打ち出すだろうし(「態度」だけでも効くはずだ。もちろん法改正が望ましいが)、これは、円安へのトレンドを後押しする可能性がある。

円安トレンドがはっきりするなら、株価にとってプラスであることは間違いない。1ドル85円をこえて円安が進むようなら、日経平均の1万円回復も十分視野に入ってくる。マーケット的に、今回の政局の最大の注目点は、ここだろう。当面、安倍氏の言動と為替レートに注目したい。

次ページここからは週末のG1レース予想!山崎氏の本命馬は・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT