ドケチの日銀がケチになり円安進行!?

マーケットから見た政局の注目点

この指標で見れば、横山典弘は53÷44=1.20とまずまずだ。ちなみに、サダムパテックの武豊は37÷64=0.58と腕の衰えが顕著で、ストロングリターンの福永も、56÷69=0.81とまだ一流ではない。

対抗はマルセリーナ。前走は、斤量・着差・展開を見ると、そう負けていない。今回は、調教からデムーロが乗って、気合いが入っている。尚、デムーロは一度この馬に乗っているので、この馬のことを知らないわけではない。

単穴はグランプリボス。ムラだが地力はある。ストロングリターンと馬はいい勝負だが、屋根の差でこちらを上位に。内田の3・4着比率は80÷65=1.23だ。

以下、連穴は、ストロングリターン、ドナウブルー、それに信頼度最高の岩田騎手(96÷67=1.43)が屋根のフィフスペトルまで。

一つ気になるのは馬場だ。予報では、土曜日に一雨来るらしい。1秒以上余計に時計が掛かるソフトな馬場になった場合は、黙ってシルポートを絡めた馬券を買っておこう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT