スターウォーズ完結で暗黒面に落ちたのは誰か

「エピソード9」は歴代何位まで行けるのか?

ここから先はお馴染みの競馬コーナーだ。12月22日の有馬記念で気力と財力を使い果たした後ではあるが、28日土曜日にはもうひとつのG1レースが用意されている。「毒を食らわば皿まで」との格言通り、今年最後の勝負を挑むとしよう。ちなみに来たる2020年の年間スケジュールは、以前のように有馬記念が最終日となるように組まれている。

今年で3年目を迎えるホープフルステークスは、2歳中距離王者を決める一戦。阪神競馬場で行われる2つのG1、阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティ―ステークスはともに1600mだが、こちらはそれよりも長い2000m。去年はサートゥルナーリアがこのレースで楽勝し、そのまま同じコースである皐月賞を制している。

ホープフルステークスの本命はヴェルトライゼンデ

2歳馬の予想は、例えて言えば、中学生野球の優勝を予想するようなところがあり、過去のデータが少ないうえに、あんまり当てにならない。この時期の馬はある日突然、グンと強くなったりするからね。

今年は戦績が「2戦2勝」という馬が4頭いるので、本命はこの中から選択しよう。筆者の選択はヴェルトライゼンデ。ドイツ風のいかめしい名前が気に入ったから、ではない。実はこのレース、2014年からキャロットファームとサンデーレーシングの所有馬が隔年で勝っていて、今年はサンデーレーシングの番なのだ。ちなみに外国人騎手が良く来るレースであるから、鞍上のマーフィー騎手も買い材料である。

もう一頭、気になっているのはブラックホールだ。あのゴールドシップ産駒が初のG1レースに挑戦する。父譲りの爆発力を見せてくれるかもしれないので、ここは少額でも買っておきたい。その名の通り、周囲のすべてを呑み込む化け物であるかもしれないので。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT