日経平均の次の上値は1万3600円か

過熱感に注意だが、市場は一段の上昇観測

日経平均株価は8日、リーマンショック直前の2008年9月12日終値1万2214円をついに奪還した。市場参加者の間では依然、先高観測が支配的だ。「チャート面では1万3600円前後の水準までフシらしいフシがない」との声も聞かれる。

米国株などの堅調な値動きが引き続き支援材料に

11日以降も、米国株などの堅調な値動きが引き続き支援材料になりそうだ。8日発表の2月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比23.6万人 増となり、「16万人前後の増加」とみていたエコノミスト予想を大幅に上回った。これを受けて同日の米株式相場は買い物が先行。ニューヨークダウは連日の 史上最高値更新となった。

雇用統計が同国景気の改善を示唆する内容になったことで、多くの投資家が株式などのリスク資産に資金を振り向ける「リスクオン」の色合いは一段と濃くなりそうだ。海外勢の日本株買いもさらに拍車のかかる可能性がある。

東京証券取引所が公表している「投資部門別売買状況」によると、外国人投資家は今回の上昇相場の出発点となった昨年11月第2週(12~16日)から今年2月第4週(25日~3月1日)まで16週連続の買い越しを記録。買い越し額は累計で約4兆2000億円に達した。

個人投資家の物色意欲も高まりつつある。「現金」と信用取引の合計では同期間、1兆2000億円余りの売り越しとなっているが、信用取引に限ってみ ると、約7500億円の買い越し。年明けからの信用取引の規制緩和が追い風になったと見られる。同取引の際に差し出す保証金を1日のうちに何度も使って売 買することができるようになったのに伴い、短期の値幅取りが活発化。市場エネルギー拡大につながっている。 

次ページ外国人、国内の個人投資家とも買い意欲は旺盛
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT