金正恩は「あの会社」のスマホユーザーだった

北朝鮮の一般人はバカ高いガラケー、でも…

 

  平壌市内の金日成、金正日親子の銅像。金正日の息子、金正恩氏の動向は常に各国の情報機関の注目の的だ(筆者撮影)

 

 「隠遁の国家」と呼ばれるほど情報鎖国である北朝鮮の最高指導者は、携帯電話を使っているのか。実は、スマートフォンのユーザーであることが判明した。

最高指導者は台湾のHTCユーザー

韓国有力紙「中央日報」は4日、韓国統一省関係者の話として、「金正恩第1書記がスマホを利用し、しかも台湾の携帯端末メーカーであるHTC製をつかっている」と報道した。

これは、1月26日に北朝鮮で開かれた「国家安全及び対外部門担当者会議」の様子を伝えた北朝鮮メディアの写真から判断できたという。写真からは、山のように置かれた書類の横にスマホが映っており、「金第1書記が普段から通話を始め使用しているスマホに間違いない」と統一省関係者は指摘する。また、この関係者は「米アップル社のアイフォーンや、韓国のサムスン電子のギャラクシーシリーズを使うよりは、台湾製のほうが精神的負担が少ないため」と付け加えている。

北朝鮮でも首都平壌を中心に、携帯電話が普及しているが、端末の機能は主に音声通話とショートメッセージのみ。ただ、金正恩第1書記やその家族、朝鮮労働党の主要幹部らには、インターネットサービスが自由につかえるように設定されたスマホなどの端末を与えているのではないか、と分析している。

次ページ気になる端末の価格は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。