韓国の強さは本物か

国民の不満は爆発寸前

(ロイター/アフロ)

総選挙まで1週間を切った。韓国でも12月19日に大統領選挙が予定されており、日韓ともに国の将来を決める転換点を迎える。

躍進する韓国と没落する日本。英『エコノミスト』による未来予測書『2050年の世界』は、2050年の両国の姿を明確に描き分けた。購買力平価(PPP)ベースの1人当たりGDPで米国を100とすると、韓国は105。一方で日本は58に後退し、韓国に倍近い差をつけられるというのだ。

あながち絵空事とも言い切れない。IMF(国際通貨基金)は、5年後に韓国の1人当たりGDP(PPPベース)は日本に追いつくと予想している(下図)。

1997年のアジア通貨危機で韓国経済は破綻寸前に。IMF管理下で財閥企業の解体と集約が行われ、サムスングループなど生き残った財閥は残存者利益を享受。経済のグローバル化の波に乗って、輸出を急拡大し経済成長の牽引車となった。小さな政府の下で規制緩和と減税で経済を活性化させた韓国は、ワシントンコンセンサス(世界銀行やIMFの構造改革路線)の優等生だ。

次ページそれでも崩れぬサムスン株
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。