韓国の強さは本物か

国民の不満は爆発寸前

韓国の抱える5つのリスク

隣の芝生は青い。韓国企業の好調ぶりから、日本の経済界では「韓国型成長モデル」への評価が高い。

だが、当の韓国では、自国の先行きに懐疑的な声が大きい。輸出企業が高成長を謳歌する反面で、韓国経済には脆弱な側面が多く残っている。たとえば韓国で「ダウン5」と呼ばれる五つのダウンサイドリスクだ。

1北朝鮮の体制不安定化による地政学リスクの高まり、2少子化による潜在成長率の低下、3構造的な内需の小ささ、4非正規雇用の増加など所得分配上の格差拡大、5所得伸び悩みによる家計負債の増加──。

3、4、5については、97年以降の経済改革と、それを加速させた李明博政権への批判が高まっている。大統領選挙で「経済民主化」が争点になっているのはそのためだ。

財閥企業の業績だけではなく、韓国政府の財政状況もいい。今後、グローバル経済にどう対応するかは日本にとっても大きな問題だ。それにいち早く、かつ過激に対応した韓国で何が起きているか。それを知ることは日本人にとって大いに有益なはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング