韓国の強さは本物か

国民の不満は爆発寸前

ウォン安是正進んでも サムスン株は崩れない

07年ごろから進行したウォン安は、08年のリーマンショックで加速。韓国企業の輸出攻勢に拍車をかけた。この数カ月、為替は修正局面に入っており、現代自動車、ポスコなど輸出銘柄の株価は下降線を描いている。

ところが、サムスン電子の株価は崩れない。なぜか。

香港へ出張中の、丸山俊・BNPパリバ証券ストラテジストが解説する。「アジアの機関投資家は、円安・ウォン高の流れを受けて韓国株から日本株に乗り換えている。だが、こと電機セクターに関しては乗り換え先がない」。日韓の主要企業の時価総額(下図)にあるように、サムスン電子の時価総額は、パナソニックやソニーとはまさにケタ違い。サムスンから乗り換える投資家の受け皿は見当たらないのだ。

サムスンを筆頭とする韓国企業の躍進ぶりに、日本の素材・部品メーカーも発想を切り替えている。もはや海外市場にしか成長のチャンスはないが、日本のセットメーカーだけを当てにしていては限界がある。

「韓国企業は商慣習が似ているし、何より距離的に近い。手を組めば、東アジアから世界を攻めるという絵が描ける」(化学品メーカー幹部)。新興国開拓に長けた韓国企業と組むことで新市場が開けるというメリットもある。日韓の企業は競争相手であると同時にパートナーなのだ。

次ページ韓国の抱える5つのリスク
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング