グーグル会長訪問で見えた北朝鮮のネット事情

利用される検索エンジンは1社だけ

 

1月7日に米国のインターネット検索最大手「グーグル」のエリック・シュミット会長が訪朝したことで、情報鎖国の北朝鮮との関係に注目が集まっている。そんな北朝鮮とグーグルは、今どのような関係にあるのか。

米国の「自由アジア放送」による分析が物語る事実

興味深い分析が一つある。1996年に米国議会によって設立され、北朝鮮向けに韓国語による放送も行っている「自由アジア放送」(RFA)は1月4日、「北朝鮮で利用される検索エンジンはグーグルが唯一」というニュースを放送している。

RFAは2012年7~12月の間、RFAのホームページに北朝鮮から接続された回数を調査。北朝鮮国内から同サイトに接続した回数は141回。そのうち、グーグル経由で接続した回数は33回だと報じている。月平均6~7回は、北朝鮮からグーグル経由で接続していることになる。

また、グーグルでも米国の「google.com」だけでなく、「google.co.kr」、「google.ca」、「google.ru」、「google.com.hk」など、韓国やカナダ、ロシア、香港のグーグルサイト経由でRFAに接続している形跡もあるという。

検索エンジン経由でのRFAサイトの接続を調べてみるかぎり、利用されている検索エンジンはグーグルのみだとRFAは伝えている。 

次ページさらに「驚きの事実」も・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT