グーグル会長訪問で見えた北朝鮮のネット事情

利用される検索エンジンは1社だけ

 

1月7日に米国のインターネット検索最大手「グーグル」のエリック・シュミット会長が訪朝したことで、情報鎖国の北朝鮮との関係に注目が集まっている。そんな北朝鮮とグーグルは、今どのような関係にあるのか。

米国の「自由アジア放送」による分析が物語る事実

興味深い分析が一つある。1996年に米国議会によって設立され、北朝鮮向けに韓国語による放送も行っている「自由アジア放送」(RFA)は1月4日、「北朝鮮で利用される検索エンジンはグーグルが唯一」というニュースを放送している。

RFAは2012年7~12月の間、RFAのホームページに北朝鮮から接続された回数を調査。北朝鮮国内から同サイトに接続した回数は141回。そのうち、グーグル経由で接続した回数は33回だと報じている。月平均6~7回は、北朝鮮からグーグル経由で接続していることになる。

また、グーグルでも米国の「google.com」だけでなく、「google.co.kr」、「google.ca」、「google.ru」、「google.com.hk」など、韓国やカナダ、ロシア、香港のグーグルサイト経由でRFAに接続している形跡もあるという。

検索エンジン経由でのRFAサイトの接続を調べてみるかぎり、利用されている検索エンジンはグーグルのみだとRFAは伝えている。 

次ページさらに「驚きの事実」も・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。